縁切り占いで悪縁とおさらばする!
»
»
姑と縁切りできるおまじない

姑と縁切りするためのおまじない方法について調べよう!

意地悪な義母、姑と縁を切る、とっておきの方法が、紙人形を使ったおまじないです。
まず、紙とペンとはさみを用意します。
すべて新しいものであるのが好ましいです。
紙を人形型に切って、そこに縁を切りたい相手の名前を書きます。
それに怨念を込めて、はさみで切り刻みます。
切り刻む以外にも、針やカッター、ナイフなどで突き刺したりする方法も良いでしょう。
最後に、切った紙人形は黒い布に包んだり、袋に入れたりして見えないようにまとめて土に埋めることが重要です。
切り刻んだ人形の紙クズ一つ残さないように布や袋にしっかり入れてください。
やがて姑からの嫌がらせがなくなり、次第に縁が切れていくでしょう。

縁切りおまじないで姑を倒す際の注意点とは?

このおまじないを行う際のポイントは、まず始める前に気持ちを鎮めるためにもお風呂に入って、身体を清めることです。
そして、誰にも協力を頼まず、必ず一人で行ってください。
誰かに見られたり、誰かと一緒に行なったりしてしまうと、縁切りの効果はなくなってしまいます。
夜遅い時間、深夜に行う方が人目につかず、月に力も得られるため適しているでしょう。
紙人形を切り刻むときに、より細かく切ると、さらに強く縁を切ることができます。
また、邪気を取り払うため、おまじないの作業がすべて終ったら身体を清めるためにまたお風呂に入りましょう。
そうすることで、いままでの姑との仲悪い関係をしっかり洗い流してくれます。
おまじないに使った道具にも邪気がついているので、ペンやはさみなども処分しましょう。
すべて終ったとき、気持ちも落ち着いて、清々しさを感じることができます。
あくまでも縁切りのおまじないですから、相手の不幸を願いながら行うことはやめておきましょう。

縁切り占いを試してみる!