縁切り占いで悪縁とおさらばする!
»
»
塩を使った縁切りおまじない

塩を使った強力なおまじないで縁切りを試みてみよう!

まず、用意するものは塩と付箋、グラスです。
付箋に縁を切りたい人の名前やその人の嫌な部分、困っていることなどを書いて、グラスの底に貼ります。
そのグラスに付箋が見えなくなるまで塩を入れ、水を注ぎましょう。
そして自分のフルネームの文字数分、薬指でかき混ぜてください。
心を落ち着け、静かにゆっくりとかき混ぜましょう。
そして、その塩水をすべて流し捨てます。
このとき付箋が剥がれていたらおまじない成功です。
グラスの底に張り付いていたら失敗なので、また別の日に実行しましょう。
おまじないが成功した翌日には、相手から離れられます。

縁切りに効果的な塩のおまじないの注意点について

お葬式やお通夜などのあと、家に入る前にお塩をかけるというように、塩にはお清めの効果があると言われています。
清塩や天然塩の方が効果はありますが、用意するのが難しい場合は食卓塩でもかまいません。
効果は充分に得られます。
注意したいところは、塩水をかき混ぜるときは必ず小指を使うことです。
人の縁は、小指で繋がっているといわれています。
この小指を塩水で清め、その塩水を流し捨てることで相手との絶縁が叶うのです。
他の指を使用するとおまじないの効果は得られませんから、気をつけてください。
そして、このおまじないは強大な力を持つため、成功すると効果は永遠に持続します。
このおまじないを使って縁を切った相手とは二度と縁が結ばれることがないため、本当に絶縁したい場合にのみ使用してください。
また、おまじないをしているところは誰にも見られてはいけません。
誰かに見られてしまうと効果を得られないばかりか、おまじないのはね返しでますます相手から不幸にさせられます。
充分に注意しましょう。
成功すれば悪縁は消え、良縁が巡ってきます。

縁切り占いを試してみる!