縁切り占いで悪縁とおさらばする!

野宮神社でストーカーやセクハラなどから縁切りしよう!

野宮神社

野宮神社は、源氏物語の「賢木の巻」にも登場した歴史の古い神社。
平安時代の面影があちこちに残されています。
縁結びや良縁祈願、安産成就に強い御利益がある神社としても有名で、全国から多くの参拝客が訪れます。
物語では、光源氏とその恋人である六条御息所の別れの舞台となりました。
光源氏を愛するあまり嫉妬に苦しんでいた六条御息所は、生霊となって光源氏に取り巻く女性たちを次々に憑り殺してしまいます。
そのことに耐えかねた六条御息所は自分の娘のいる野宮神社に移り、光源氏にきっぱりと別れを告げて、斎宮として伊勢神宮へ渡る娘と一緒に京都を離れました。
そのことから野宮神社は悪縁を絶つご利益のある神社と言われています。
行き過ぎた恋愛感情を持つねちっこいストーカーや、のがれにくいセクハラに悩む人を救い、悪縁を切って良縁をもたらしてくれるでしょう。

【所在地】京都市右京区嵯峨野宮町1
【アクセス】 京都駅から京都市営バス28号系統「野々宮」下車
四条河原町から京都市営バス11号系統「野々宮」下車
京阪三条から京都市営バス11号系統「野々宮」下車

京都の野宮神社で祈願用紙を浮かべ、縁切りを叶える

野宮神社の境内には、いくつかパワースポットがあります。
撫でながら祈ると願い事が叶うと言われているお亀石が有名ですが、禊祓場はその逆。
ストーカーやセクハラ、迷惑行為など、今受けている嫌なこと、やめてほしいことを水に流して祓い、清めてもらうための禊祓清浄御祈願を行う場所です。
平安時代に六条御息所の娘である斎宮が伊勢神宮に仕える前に、沐浴をして身を清めた場所であることが起源と言われています。
授与所で祈願用紙を受け取り、やめてほしいこと、清めたいことを記入して水の入った樽に浮かべましょう。
書かれた文字が消え、紙が中に沈んだら願いが聞き届けられたという証。
きっと近いうちに悪縁を絶つことができるはずです。
禊祓いが終わったら、お亀石などで良縁祈願を行うと良いでしょう。
周囲から嫌な人が消え、自分にとってプラスになる人だけが集まるはずです。

縁切り占いを試してみる!